賢い転職支援エージェントの利用方法

みなさんは転職を実際にしたり、あるいは転職を検討したことがあったり、あるいは現在検討中だったり、そういう経験はあるでしょうか。昔ながらの年功序列や終身雇用が薄れ、日本でも自身のキャリアを考える上で転職は当たり前の選択肢になりつつあります。そして転職を希望する人のため、転職エージェントというサービスも様々な企業が展開しています。

エージェントは中途採用の募集をかけている企業を紹介してくれるだけでなく、職務経歴書の書き方や企業ごとの面接のポイントを教えてくれたり、また転職の検討段階からカウンセリングもしてもらたりなど、多岐に渡る転職支援を無料で実施してくれる非常に便利なサービスです。しかし、エージェント会社が増えた分、最近はサービスの質にも格差が生まれてきたのが事実です。エージェントを賢く利用するためには、どのような方法があるのでしょうか。

まずは、希望する勤務地にオフィスを構えるエージェント会社を利用するのが賢明です。東京にしか事務所がないのに地方の採用案件を紹介してくるようなところは、転職希望者に手当たり次第声をかけ、転職先企業からの成功報酬だけを狙っている業者の可能性が高いと言えます。主要都市にオフィスを持ち、各地域の特性や傾向まで把握した上で地元の企業を紹介してくれるところを選びましょう。複数のオフィスを持つ業者は必然的に大手であることが多いですが、やはり大手ならではの情報量や安心感は転職支援を受ける上で重要な要素となるでしょう。

そして、可能であれば複数のエージェントと接触を持つことです。業者によって、また同じ業者でも人によって、性格や態度、またスキルや持っている案件の数・質が異なります。何人かのエージェントと電話や面談で話し、自分にとってベストと思えるパートナーを探すつもりで利用することが大切です。人としての相性が良いエージェントを選ぶのも、転職活動を進める上でのモチベーションを保つためにも、有効な選択と言えるでしょう。